サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

ブリーク-五条

京都の烏丸五条の交差点近くにあるこちら。ひっそりとした住宅街の中に潜むお洒落なエクステリアです。


アラカルトもあり中々に魅力的なメニューが揃いますが初訪問という事もありコースでオーダー。

 

f:id:leglutton:20200411181307j:image


内装もシャレオツです。至る所に草花が生けてあり、溢れる高級感。メニューの価格見間違えたかなと思ったほど。こういうのって良いですよね。私も花鳥風月を愛でる歳になりました。

 

f:id:leglutton:20200411181321j:image


まずはシャンパーニュから。豊潤な香りにはっきりとした酸味。久々に美味しいなあというシャンパーニュに出会いました。期待が高まります。

 

f:id:leglutton:20200411181336j:image


アミューズは帆立と玉葱、デイルを微塵切りにしたものの上に、名前は失念しましたがこれも微塵切りにしたもの、更にその上にキャビアが乗っています。

出てきた瞬間に香る散らされた紫蘇の香りが良い。味わいは帆立の香りが良く、キャビアも存在感。玉葱はマリネ風であり、あっさり食べれます。泡にもぴったり。お腹減った。

 

f:id:leglutton:20200411181354j:image


パンは2種類。エシレバターもついてきます。普通に美味しい。

 

f:id:leglutton:20200411181409j:image


続いてはハバネロのムースの上に雲丹、コンソメジュレ。最初はコンソメ、次に雲丹と来て、最後はピリッとハバネロの存在感。全然フレンチじゃないですが一つの料理として美味しい。味わいのグラデーションもさることながらそれぞれ強い主張のものが見事にハーモナイズされています。

 

f:id:leglutton:20200411181431j:image
f:id:leglutton:20200411181428j:image


グラスの白に移行。素直に下駄を預けます。

ボルドーブレンド。単体では物足りないぐらいですが、料理と合わせるといい感じです。

 

f:id:leglutton:20200411181448j:image


わお、素敵なプレゼンテーション。こちらは30種類の野菜と大間のトロイワシが入ったサラダ。ソースはビーツと黒ニンニクで、上にはアンチョビを混ぜたパン粉がかけられています。

字面だけ見るとオーガニック感満載なのですが、ソースとパン粉がしっかりしており食べ応え抜群。トロイワシも酸味がしっかりしていて味が濃い。ムシャムシャという表現がぴったりです。先程のボルドーとベストマッチ。

 

f:id:leglutton:20200411181513j:image


温菜はアスパラガスと鮑、セミドライトマト。ソースは肝ソースとのこと。さっきからプレゼンテーションが良いですね。こういうお店は信頼出来ます。

肝ソースとの事ですが殆ど肝のニュアンスは感じられません。一方トマトの酸味が鮮やか。アスパラガスはフレッシュでナイフを入れると汁が出てくるほど。鮑はグニャグニャといつまでも咀嚼していたい。

 

f:id:leglutton:20200411181527j:image
f:id:leglutton:20200411181530j:image


こちらにはブルゴーニュシャルドネ。樽感は無く、穏やかな酸味が料理と合います。

 

f:id:leglutton:20200411181543j:image


真っ赤っか。こちらはリゾットです。ホタルイカ、竹の子に赤はビーツ?だったかな。これはもう味濃い目であり、ガッツリイタリアンみたいな料理です。米の炊き加減はかなり固め。私はもう少し柔らかい方が好みかなあ。かなり味濃い目なのでお酒が進みます。

 

f:id:leglutton:20200411181602j:image

 

メインはお肉との事で2種類出して頂けました。

一つはサンジョベーゼのキャンティ。リゾットとはこちらの方が良いですね。もう一つはブルゴーニュピノ。もうちょっと香りが華やかだと良いかなあ。もう少し置いておきます。

 

f:id:leglutton:20200411181619j:image


メインは淡路ビーフ。腿肉をベーコンで巻いているそう。にんじんが添えられ、ソースもにんじんのピューレ。こちらも美味しいですがかなり味濃い目です。私は好きですが、好みは分かれそう。ピノはこちらと合わせると良くなりました。

 

f:id:leglutton:20200411181633j:image


デザートは生のカカオ、苺に、牛乳を煮詰めたラテのソルベ。生のカカオは食感はいいものの苦味が強くちょっと合わないかなあ。味が濃いものが続いていたのでデザートも振り切ってめちゃんこ甘いものが欲しかったかな。

 


以上、お会計は13000円ほどでした。


伺う前にネット上の口コミを見ていると賛否がはっきり分かれていましたが、成る程よく分かりました。味が全体的にしっかりしており、塩気が強めです。私は味濃い目原理主義者に片足突っ込んでるので大丈夫でしたが、人によってはかなり塩気が強いと感じると思います。実際私もメインは少し食べ疲れて来ました。


またワインが今ひとつでしょうか。この価格でもっと美味しいワインを出すお店はそれなりにあるのでその点少し勿体無い。


一方でお店の雰囲気やお皿のプレゼンテーションを考えるとお腹いっぱいコースを食べてワインも飲んでこの値段は奇跡的。そういう意味でコスパはかなり良いです。ちょっと良いデートや記念日使いにぴったりなお店の雰囲気でこの値段は素晴らしい。


色々と賛否両論ありますが、総括すると私は好き。やっぱりコスパは正義。次は誰かと来てアラカルトいってみようかな。御馳走様でした。

 

 

ブリーク
075-200-9922
京都府京都市下京区諏訪町通松原下る弁財天町336
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26020362/