サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

むぎとオリーブ 銀座店-東銀座

綺麗な出汁のラーメンが食べたいと思いこちらに。数年前に一度行った以来2回目です。週末の昼11時過ぎに着くと既に開店しておりすぐに入れました。今や日本橋と埼玉にも支店があるんですね。


鶏、煮干、蛤の3種出汁のそばを特製で。麺大盛に更にドライカレーがあったのでオーダー。総額1650円とかなりのお値段になりました。

 

f:id:leglutton:20200324191006j:image

 

10分程で着丼。そのお値段にふさわしい豪勢な見た目です。数えると鶏チャーシューが5枚、ローストビーフが3枚も入っていました。


スープは正に鶏、煮干、蛤の3種のブレンドという感じ。鶏油が結構浮いてるので見た目より結構濃い目の味わい。ただ蛤が最後に効いてくるので食べ進めても飽きにくい味です。


具材の下から麺を頂きます。なるほど、これは中華麺ではなく蕎麦と言った方が正しい。出汁も蛤が効いており和風の趣が強く、麺と合わさって高級なお蕎麦を頂いている様。


トッピングが素晴らしい。鶏チャーシューはしっとりと柔らかくそれでいて鶏の味が濃い。この手のチャーシューは胸肉やささみを使う為、単調になりがちで食べ進めると飽きてくるのですが、こちらはしっとり感と鶏の味の濃さで全く飽きません。ラーメン屋でこれが出るとはかなりの技量です。


ローストビーフもそこらへんの肉屋よりよっぽど美味しい。煮卵は完璧な茹で具合。また、地味に蒲鉾が美味しかった。

 

f:id:leglutton:20200324191027j:image


ドライカレーは鶏肉だけありさっぱり。トマトピューレも爽やか。蕎麦屋がカレーを出すのと似た感じであり、ラーメンとカレーで飽きが来ない様に工夫されています。


にしてもかなり麺が多い。大盛にしましたが、普通盛りでもかなりの量です。未だに学生時代のクセが抜けず後悔。

 

胡椒で味変しながら何とか完食。お腹はち切れそう。

 


それにしてもやはり美味しかった。ラーメン風の蕎麦という味わいであり、さっぱりながら旨味は濃い。トッピングやサイドメニューも抜かりなくその値段だけの事はあります。


次はつけ麺にしようかな。また伺います。御馳走様でした。

 

 

むぎとオリーブ 銀座店
03-3571-2123
東京都中央区銀座6-12-12 銀座ステラビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13164932/