サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

アノニム-県庁前

神戸の県庁前にあるビストロ的な雰囲気のお店です。ベックのすぐ近くにあります。

7700円のコースのみ。ワインは3種で2900円というセットがあり、グラスも色々あるとの事でそれぞれ幾つか出して頂き選ぶ形でお願いしました。

 

f:id:leglutton:20200313151023j:image


まずはシャンパーニュシャルドネピノノワールピノムニエ。良い意味でシンプルなシャンパーニュであり、まさに食前酒という感じ。

 

f:id:leglutton:20200313151038j:image


アミューズとしてグジェールです。これはチーズが中々濃厚ではっきりとした味。欲を言えば温めてくれると尚良かったですが、シャンパーニュにはぴったりです。

 

f:id:leglutton:20200313151053j:image


パンは温めて出して頂けます。外側がしっかりと焼かれており香ばしい。抜群に美味しいというものではありませんが、ソースを拭うにはちょうど良い。パンが無くなるとまた違う種類のパンを追加してくれます。

 

f:id:leglutton:20200313151111j:image

サーモンと人参のソテー。レモングラスの香りが春を思わせる鮮やかさ。サーモンには確りと塩が振られており、故に人参の甘さも引き立ちます。

 

f:id:leglutton:20200313151131j:image


ブロッコリーフリット。ラードがかけられており、脇にはアンチョビマヨネーズのソースです。ブロッコリーがびっくりするほど軽やかに揚げられています。ブロッコリーの苦みと豚の甘い脂、アンチョビマヨネーズの塩気と酸味のバランスが素晴らしいですね。

 

f:id:leglutton:20200313151155j:image


白はアルザスブレンドをチョイス。まさにアルザスという甘い香りと、反するドライな味わい。アフターが少しヨーグルトっぽい感じがして珍しい味わいでした。

 

f:id:leglutton:20200313151211j:image

スープはサツマイモのニョッキとアボカドが入ったコンソメスープ。コンソメスープははっきりとした味わいですが、これがアボカドと絶妙にマッチ。スープにアボカドはかなり珍しいと思いますが、これが良い。もう少しニョッキがさつまいもっぽいと尚良かった。面白い料理でした。

 

f:id:leglutton:20200313151226j:image

こちらにはプロヴァンスの白を。南仏らしい爽やかな桃の様な甘い香り。とはいえ2012年というヴィンテージらしい熟成感もありました。美味しい。

 

f:id:leglutton:20200313151248j:image

こちらは馬肉のカルパッチョのサラダ。気前の良い量で嬉しい限り。これはソースが秀逸ですね。胡麻をすりつぶしたものにスパイスを入れているそうですが、これが担々麺的な味わいであり、馬肉ともマッチ。サラダというのは名ばかりで味わいも食べ応えも立派な食事です。

 

f:id:leglutton:20200313151304j:image

魚料理のメインは真鯛のソテー。ルッコラと写真では見えにくいですがスイスチャードというほうれん草に似たものが入っています。
これもソースがはっきりとしたチーズの味わいであり、淡泊な真鯛とマッチ。何よりスイスチャードが濃厚なチーズと合って真鯛をしのぐ程の印象でした。

 

f:id:leglutton:20200313151319j:image

こちらには、久々、ロゼです。ストロベリーの様な香りが真鯛とマッチ。春って感じだなあ。この春はもう少しロゼを飲みたいなと思った瞬間でした。

 

f:id:leglutton:20200313151334j:image


肉料理のメインはホロホロ鳥。大きいカットが2つも。真鯛の後にまだ食べれますか?の声にまだまだ食べれます、と言ったからでしょうか。控えめに言ってとても嬉しい。菜の花のフリットと菊芋のピューレが添えられています。
これはもう単純にホロホロ鳥の味が濃厚で素直に美味しい。菊芋との相性も素晴らしく、菜の花の苦みがアクセントになっています。さっきからお皿の上が春満開ですね。こういう季節感のあるお皿好きです。

 

f:id:leglutton:20200313151355j:image

こちらにはローヌの赤。メルローやグルナッシュなどのブレンドです。香りはメルローですが、味わいは少しスパイシーでありグルナッシュ感。土の様な香りもあり、鶏肉との相性もグッド。

 

f:id:leglutton:20200313151415j:image


デザートの前にはサービス?として余市の平川ワイナリーが作ったという梅酒を。梅酒と言いますが、味わいは梅のワインという感じ。非常にフレッシュであり、良い意味で濃厚でなくデザート酒としてバッチリです。

f:id:leglutton:20200313151430j:image


デザートですがレモンのシャーベットと、もう一つは失念してしまいましたが野菜のプリン。
野菜のプリンはまあ普通のプリンで良かったかな。一方レモンのシャーベットははっきりとした酸味でとても好みでした。

 

f:id:leglutton:20200313151451j:image


最後はコーヒーとお茶菓子でご馳走様でした。

 


神戸らしい素晴らしいお店でした。どの料理も味わいがはっきりしており、何を食べているか瞬間で分かります。恐らくですが塩の使い方が思い切りよく、それが輪郭の濃い味わいを生み出しています。決して塩気が強い訳ではなく、色んな味覚、食感を使ったバランスの取れた料理であり、私のとても好きな方向性でした。

ワインはビオ系が多く、どれも料理に寄り添う良いもので拘りを感じました。お店の雰囲気からも哲学がはっきりしており、こういうお店はまず外しません。

ボリュームがしっかりあるのも嬉しい限り。この日はコロナウイルスの影響で空いていた事もあるからか、よく食べる私の為に多くしてくれたのだと思いますが、やはり単純にボリュームがあるのは嬉しい。最後はお腹いっぱいでした。

これだけ食べて飲んで13000円ちょっと。すんごいコスパです。こんなしっかりとしたコース料理を食べてワインもグラスでペアリングの様な形でこの値段は素晴らしい。もちろん所謂高級フレンチとは違いますが、とはいえこれだけしっかりとした料理とワインを頂いて1万円台というだけでも素晴らしいのに1万円台前半は素晴らしいという以外ありません。

こんなお店が空いているなんて。。。コロナの影響もあると言っていましたが、神戸は凄い町ですね。予約が取りづらくなるのは客側は困るのですが、感じの良いご夫婦のこんな素晴らしいお店がいつまでも続いて欲しい、そんな素晴らしいお店でした。また伺います。

 

 

アノニム
078-778-0965
兵庫県神戸市中央区下山手通4丁目13-3 ダフネ二番館1階
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28029526/