サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

銀座ささ花-銀座

銀座一丁目にある和食店です。仕事での利用です。

銀座の街もコロナウイルスの影響からか人が少なく、お店も満席になっていませんでした。昨今人気店の予約は過熱しているのでユーザー側としては予約が取りやすくなる一方で、飲食店側は大変な事態です。

 

さて、この日はアラカルトでオーダー。

 

f:id:leglutton:20200229175649j:image

 

まずはお通しの蕪の澄まし汁。まあこれは普通です。最初ですからこれ以上は意見差し控え。

 

f:id:leglutton:20200229175703j:image

 

続いてはお刺身の盛り合わせ。右手前はわさび漬けですが、そこからミル貝、赤貝、鯛、烏賊、鮪の赤身と中トロ。どれもあまり記憶に残りませんでした。仕事という事もありますが、如何せんここ最近九州、愛媛と良い店で良い魚食べ過ぎて満足できない身体になってしまいました。

 

f:id:leglutton:20200229175716j:image

 

鴨のロースト。これは美味しい。ホースラディッシュのソースも去ることながら、はっきりとした燻製の香りが食欲を増進させます。

 

こちらのお店は、焼酎は無く他方日本酒の取り揃えは豊富でしたので、日本酒へ移行します。

 

f:id:leglutton:20200229175733j:image

 

蓮根のはさみ揚げ。中は海老です。この料理で外れたことはありませんが、こちらもやはりそう。とはいえ特徴があるかというとそういうものではありませんでした。

 

f:id:leglutton:20200229175744j:image

 

あいなめの焼き物です。上にはごぼうチップスがかけられたりしており見た目は鮮やか。味はまあ焼きものでした。

 

f:id:leglutton:20200229175755j:image

 

牛筋煮込み。美味しいですが小綺麗なこちらの店で頼む必要は無かったかもしれません。

 

f:id:leglutton:20200229175806j:image

 

〆は鴨鍋。先ほどの鴨のロースト同様、鴨が美味しい。ちゃんとした出汁が出ており、冷えても美味しく頂けました。

 

 

以上で一人当たり13000円強でした。

 

決して不味くも無いのですが目を見張るメニューも無く、全てが普通といったレベル。

雰囲気的にはこのお値段でも納得はするのですが、料理自体は正直割高です。銀座なので致し方ない部分はありますが、会食ぐらいしか使うシーンが思い当たりません。友人となら例えば魚真に行けばもっと安く真っ当な魚を食べれます。雰囲気は良いのに高級店としての味とサービスでは無いという中途半端な位置づけです。

 


立ち位置が分からないそんなお店でした。

 

 

銀座ささ花
03-3561-3761
東京都中央区銀座1-4-9 第一田村ビル B1F
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13007707/