サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

鮨 いの-松山市

松山市には数多の寿司屋がありますが今回はこちらにお邪魔しました。ミシュラン一つ星です。


まずはビールで乾杯。

 

f:id:leglutton:20200229170346j:image


最初はつまみから。茶碗蒸しです。まあ普通です。

 

f:id:leglutton:20200229170401j:image


下灘の蒸し鮑。味付けもせず蒸しただけとの事ですが凝縮された海の味であり素直に美味しい。肝ソースも濃厚で見事な先制パンチです。

 

f:id:leglutton:20200229170414j:image


早速日本酒へ移行。船中八策。香りもそこそこですが最初なのでこんなもんでいいでしょう。

 

f:id:leglutton:20200229170428j:image


今治の鯛。これめっちゃ美味しい。ここ最近で1番の鯛です。鯛は何日か置いて熟成させるお店が多いですがこちらは1日しか置いてないとの事。これぞ瀬戸内の恵みですね。

 

f:id:leglutton:20200229170441j:image


白子。濃厚さはもう一つながら、ポン酢自体も酸味がまろやかなさっぱりとしたものであり相性が良いですね。

 

f:id:leglutton:20200229170458j:image


日本酒は半合で500円〜なのでどんどん行きます。宝剣。かなりさっぱり。

 

f:id:leglutton:20200229170511j:image


締め鯖。こちらもさっぱりとした締め方。旨味がもう少し強いと良いかも知れません。

 

f:id:leglutton:20200229170527j:image


煮蛸。かなり柔らかくまで煮込まれておりますが醤油の味は控え目であり蛸の味がしっかりします。

 


先程から良い意味でシンプルな味付けでありバランスが良いですね。変なアタックが無いので食べ易い。

 

f:id:leglutton:20200229170544j:image


北海道のあん肝。柚子の皮がかけられ、塩と山葵で頂きます。珍しい食べ方ですがアリ。

 

f:id:leglutton:20200229170559j:image


石鎚の純米吟醸。美味しいなあ。バランスが良く香りも高い。好きな日本酒です。

 

f:id:leglutton:20200229170658j:image


河豚の白子をご飯と和えたものの上に渡蟹の身が載ったもの。白子と蟹の主張が弱いながらも香りが良く味付けもちょうど良い塩梅。

 

f:id:leglutton:20200229170715j:image


甘鯛の味噌漬けです。竹の子、菜の花を炙ったものが添えてあり春の訪れを感じさせてくれます。甘鯛は勿論のこと全ての香りが良いですね。甘鯛は味噌の香りと身の甘味が素晴らしく、菜の花の苦味も良いアクセント。竹の子も食感で違いを生み出してくれます。こういうのが食べたかったという一品。

 


さて握りに移行します。

 

f:id:leglutton:20200229170731j:image


まずは平目。まあこれは普通ですね。


ガリが美味しい。薄切りではなく厚めに切ったものですが、はっきりとした酸味、仄かな甘味、バランスが良い。さっきからバランスが良いしか言ってないな。語彙が貧弱です。

 

f:id:leglutton:20200229170748j:image


サヨリ。身はなんて事の無い魚ながら紫蘇の葉の香りが素晴らしくそこでアクセント。

 

f:id:leglutton:20200229170800j:image


大好きなお酒、凱陣。流石の香りの高さ。寿司にはベストマッチ。美味しいなあいつまでも飲んでいたい。

 

f:id:leglutton:20200229170813j:image


真烏賊。5日寝かせてあるとの事ですが普通。最近良い烏賊食べ過ぎてるので仕方ないかも知れません。

 

f:id:leglutton:20200229170828j:image


八幡浜の鯵。脂が美味しいなあ。青魚好きの私でも満足です。

 

f:id:leglutton:20200229170839j:image


鮪。まあ普通です。鮪に関しては東京が圧倒的に優位ですね。

 

f:id:leglutton:20200229170855j:image


鰆。ここのところ鰆ばかり食べていますがこちらは別格。炭の香り、身の旨味、最近で1番美味しい鰆でした。鰆って淡白なのでそれ故に差が出ます。

 

f:id:leglutton:20200229170910j:image
f:id:leglutton:20200229170907j:image


雲丹と海老は一般的なお寿司でした。

 

f:id:leglutton:20200229170922j:image


新政。賛否両論ありますが普通に美味しいと思います。

 

f:id:leglutton:20200229170935j:image


コハダ。これまでとは対極的に確りと酢で締められています。主張の弱い魚なのでこれぐらいの方が好き。

 

f:id:leglutton:20200229170949j:image


穴子。この辺ではもうかなりお腹いっぱい。

 

f:id:leglutton:20200229171004j:image


玉子。正統派の玉子焼きです。

 

f:id:leglutton:20200229171016j:image


赤出汁になめこが入った味噌汁。江戸前のシャリには赤出汁のお味噌汁合います。

 

f:id:leglutton:20200229171029j:image


最後は苺大福。満腹ながらも最後まで美味しいデザートでした。あんこが普通に美味しかった。

 

 

味付けも調理もシンプルなお店でした。そう言ったお店はシンプル過ぎて物足りない事も多いのですが、つまみやネタの流れの中で少しずつ変化を入れる事で飽きなく最後まで楽しく頂けます。そういう意味でとても基本的な技術が確りしたお店だなという印象を受けました。


最後はかなりお腹いっぱいになりました。これだけ量が多いというのはそれだけで嬉しい。大将はもっとシャリを大きくしたいけれどそれだとお客さんは食べられないからと言っていましたが、やはり多いというのは大事な事だと改めて思いました。


これだけ食べて日本酒もしっかり飲んで1人20000円です。このコスパは素晴らしい。ネタも多少の当たり外れはあるものの地の物が多く楽しめます。


一方、課題はとにかく客層でしょう。たまたま運が悪かったのだと思いますが、常連と思わしき若い(と言っても30歳は超えてそうでしたが)お客さんは下品な会話をしているし、隣は同伴でおじいちゃんぐらいの年齢の男性が孫ぐらいのお姉ちゃんにベタベタしているのは見ていて気持ちの良いものではありません。個室では常連と思わしき家族連れの子供が叫びたい放題。

大将も何度も注意していましたしコントロールしようと努めておられましたが、ちょっと客層が悪過ぎた。場所柄仕方ない部分はあるので惑星直列的に悪かったと思いたいですが、流石に星付きのお店には相応しく無い雰囲気でした。


大将も言ってましたが週末でなければもう少し落ち着いてるのかな。今度は休みを取って平日か日曜日に行こうと思います。御馳走様でした。

 

 

 

鮨 いの
050-5593-5644
愛媛県松山市二番町1-10-9 MITUWA320 3F
https://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38010409/