サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

鮨 仙八-熊本

前日は鹿児島ののむらでたらふく寿司を頂いたにも関わらず2日連続で寿司。今宵はミシュラン二つ星です。

 

ミシュラン星付きなので勝手に立派な店構えを想像していましたが場所は繁華街のキャバクラやスナックが入る雑居ビルの地下。不安になりましたが一歩店に入ればそんな事は忘れさせてくれる心地良い空間でした。

 

まずは瓶ビールでスタート。

 

f:id:leglutton:20200216150714j:image

 

突出しはお吸い物の中に酢飯が入ったもの。珍しい料理ですが成る程、旨味の強い出汁に赤酢のはっきりとした酸味で見た目とは裏腹の強烈な先制パンチです。硬めのシャリが丁度良い。

 

f:id:leglutton:20200216150729j:image

 

続いては平目。肝醤油に合わせて。
もうこれは肝が抜群に美味しいですね。平目の肝は中々お目にかかりませんが皮剥と良い勝負。

 

序盤から割とはっきりした味わいで攻めてきます。私の好きな方向性です。

 

f:id:leglutton:20200216150749j:image

 

太刀魚。身の上にはふきのとうの味噌とふきのとうを炭で焼いたもの。太刀魚は細切りでありコリコリとした食感。ふきのとうの酢味噌が心地よく、また炭の仄かな香りもいいアクセント。

 

写真を失念してしまいましたが、白魚。桜の葉で巻いて蒸しています。そこに真珠貝と菜の花も。味わいはまあ普通ですが春の訪れを意識したものですね。もう春なんだなあ。

 

f:id:leglutton:20200216150818j:image

 

あん肝です。箸を入れるとその柔らかさに驚きます。煮たものをカットして出しただけなのにこの柔らかさ。その柔らかさの通り軽やかな味わいでありいくらでも食べれます。

 

これにはもう日本酒でしょう。下駄を預けるとオススメの日本酒を出して頂けます。こちらも熊本や九州他県の地酒がメイン。おりがらみが多いラインナップでした。

 

f:id:leglutton:20200216150858j:image

 

茶碗蒸しの中に青さと小振りな牡蠣が。岩場にくっついてる小さな牡蠣だそうですが旨味が濃厚。青さと合わさって丁度良いバランス。

 

f:id:leglutton:20200216150927j:image

 

握りが始まります。まずはアオリイカ
このイカは今シーズンNo. 1のイカです。前日ののむら以上に液状化しているかというほどのネットリとしたイカの強烈な甘味。いつまでも口の中にその味が残りこれで日本酒を頂く幸せ。

 

f:id:leglutton:20200216151006j:image

 

サヨリ。これは普通でした。他のネタに比べると目劣りします。

 

f:id:leglutton:20200216151033j:image

 

鰆。玉ねぎ醤油にくぐらせています。淡白な鰆に玉ねぎの風味が乗っかり旨味が引き立ちます。

 

f:id:leglutton:20200216151049j:image

 

来ました大好きな青魚。浅めに漬けた締め鯖です。口に入れた瞬間、シャリの赤酢の香りに負けない強い鯖の香り。脂と身の旨味が極上。締め鯖大好きなのですがトップレベルです。ほんと美味しい。

 

f:id:leglutton:20200216151110j:image

 

赤貝。他のネタに比べるとこちらも普通でした。美味しいんですけどね。

 

f:id:leglutton:20200216151124j:image

 

また青魚です。イワシ。これも口に入れた瞬間に広がる濃厚な香りがして堪らない。鯖より脂が濃い。立派な高級魚です。

 

f:id:leglutton:20200216151156j:image

 

赤身の漬け。これも口に入れた瞬間の鉄分を感じる香りが抜群。なんでこんなに香りが良いんだろう。

 

f:id:leglutton:20200216151211j:image

 

中トロ。先程の赤身の鉄分に脂との香りが合わさります。言わずもがなの美味しさ。

 

f:id:leglutton:20200216151223j:image

 

海老。前日ののむらより若干火が入れられています。甘味は控えめなものの海老の香りはこの方が強い。個人的にはのむらの様なもう少し火入れが甘い方が甘味が強く感じられ好みでした。

 

f:id:leglutton:20200216151247j:image

 

雲丹の軍艦。雲丹はまあ普通に美味しいものですが、海苔が抜群。雲丹を凌駕する程の印象でした。

 

f:id:leglutton:20200216151305j:image

 

穴子。ふわふわ。良い寿司屋の穴子ってほんと美味しいよなあ。

 

f:id:leglutton:20200216151321j:image

 

赤出汁の味噌汁です。ほっとするなあ。

 

f:id:leglutton:20200216151339j:image

 

ひもきゅう。これはまあ食感を楽しむものですね。

 

f:id:leglutton:20200216151355j:image

 

最後に玉。これはカステラですね。フワッとした生地に卵の香り。玉子焼きひとつとっても色んな形があるなあと思わされました。

 

 


とても好きなお寿司屋さんでした。
まず味が全体的にはっきりしており香りが良い。シャリは硬めではっきりとした赤酢の酸味です。それに伴いネタの味も濃くしっかりとしています。淡白な太刀魚や鰆は薬味をひねる事で薄くなりがちな印象の魚を上手く引き立たせているなと感じました。ネタの香りが非常に鮮やかだったのも印象が良い。ワインとかも合いそうです。

 

またテンポも凄く良い。入店から退店まで1時間ちょっとでした。もちろん個々人のペースに合わせて頂けますが、寿司屋はテンポが大事だと思ってる私には心地良かった。


接客も抜かりありませんでした。この辺はさすがミシュラン星付きたる由縁でしょうか。付かず離れず。


これだけ食べて日本酒3杯飲んで2万円は素晴らしい。東京だったら3万は確実に超えるでしょう。その意味でコスパも良かったです。


純粋に美味しい寿司を食べた、そういった満足感があります。私が思い描く理想の寿司屋に近いです。砕け過ぎず、かといって肩肘張らず、テンポ良く、はっきりとした味わい。

 

またお邪魔します。暖かい季節だとどんなネタが出るのかそんな楽しみが生まれました。

 

 

鮨 仙八
050-5596-9139
熊本県熊本市中央区花畑町13-24 花畑ビル BF
https://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43002645/