サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

上野屋本店-国際センター

名古屋で焼きとんと言えば上野屋というほど有名だそうです。円頓寺商店街にあり、以前は大将一人でやっていたのですが、大将が亡くなり今は若い男性二人(息子さん?)がやられているとの事。

店内は見るからに昭和の酒場という感じ。客はサラリーマンのみでカウンターには常連と思わしき数名の客が店員さんと話ながら飲んでいます。私は女性2名と一緒に行ったのですが、かなり浮いてました。

こちらは色々とルールがあり、暇なとき以外ビールは自分で注ぐなどあるようですが、この日は比較的空いていたので店員さんにやって頂きました。

 

f:id:leglutton:20200206175451j:image

 

オーダーはお任せで。ざっと見た感じ、焼きとん以外には漬物しかメニューにありませんがオーダー取りと同時に素のキャベツは置いて頂けます。ちなみに塩も何もかかっていません。また汚れている串置きは結局最後まで使われませんでした。なんだったんでしょうか。

 

カウンターにはぐつぐつと煮立った味噌おでんが入っており、それらは勝手に自分で取りに行くスタイルの様です。

 

ホルモン系の部位が多く、聞き慣れない名前が多かったので申し訳ありませんが、メニュー名は省略します。写真だけ羅列。

 

f:id:leglutton:20200206175647j:image
f:id:leglutton:20200206175634j:image
f:id:leglutton:20200206175627j:image
f:id:leglutton:20200206175631j:image
f:id:leglutton:20200206175622j:image
f:id:leglutton:20200206175639j:image
f:id:leglutton:20200206175644j:image

写真を見てもレバーぐらいしか思い出せない・・・

f:id:leglutton:20200206175647j:image


味噌煮込みうどんですが、由緒正しき名古屋の味噌煮込みという感じ。そこまで私は好みませんが、ここのは極度に味が濃すぎず甘みも控えめであり、見事なビールのお供でした。
全体的に串が出てくるペースがゆっくりであり、メニューも串焼き以外ほぼ無いので、このおでんで間を埋める感じですね。

 

 

総体的に内臓系も臭みが殆どなく1本百数十円という価格を考えればかなりクオリティは高いと感じました。店内の感じからは失礼ながら清潔感は一見無い様にも見えますが、よくよく見ると清掃はそれなりに行き届いており不潔さは感じません。それらが串焼きにも表れています。

一方でじゃあ感動するほど美味いかというとまあ美味しい焼きとんかな、というレベル。焼きとんで感動する事はあるのかという感じもしますが、少なくとも目黒の焼きとん玉やの方が臭みも無く美味しかったかなと。

ただ3人でそれなりにお腹膨れるまで食べて一人3杯飲んで総額1万円を切るのは素晴らしい。このコスパだけで味についてはそこまで高望みする必要もないかも知れません。

 


安くさくっと飲んで本命の二軒目へ、そんなポジションのお店でした。意外とそんな店の方が行く機会は多いかも知れません。

 

 

上野屋 本店
052-571-6074
愛知県名古屋市西区那古野2-20-21
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23030264/