サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

茗圃-伏見

白川公園のすぐ脇にある広東料理の有名店です。

休日だったこともあり、休日限定の飲茶ランチ(蓮)2,600円を。追加で北京ダック1500円とスープ餃子を一人一つ(1500円)、小籠包を一人一つ(300円)を頼みました。
ランチから結構豪勢にいっちゃいます。

 

f:id:leglutton:20200204130649j:image

 

琥珀エビスで乾杯。美味しいですよね、琥珀エビス。おつまみとして付いてくるクルミが甘くサクサクに焼かれており美味しい。

 

f:id:leglutton:20200204130754j:image


飲み物は食前・食中茶としてプーアル茶が付いてきます。何となく脂の吸収を助けてくれそう。

 

f:id:leglutton:20200204130807j:image


まずは前菜の盛り合わせ。くらげ、漬物、鶏叉焼です。
鶏の叉焼八角の香りがぷんぷんして、ちゃんとした中華料理を食べてるなという気にさせてくれます。
濃厚な叉焼とさっぱりとした漬物がグッド。

 

f:id:leglutton:20200204130823j:image


追加した北京ダックです。
これも所謂日式中華とは違い本土の独特の香りが立ち、心から美味しい。これで1500円はどうなのかという議論はありますが、北京ダックとはそもそもそういうものでした。

 

f:id:leglutton:20200204130840j:image

 

大根餅です。これも美味しい。優しいながらもはっきりとした味付けで有り、何を食べているか瞬間に分かります。

 

f:id:leglutton:20200204130855j:image


海老餃子。海老がたっぷり。また皮が柔らかくもっちりしており、独特な触感です。もうちょっとギチギチに海老が詰め込まれてると尚良かったです。

 

f:id:leglutton:20200204130724j:image

追加のスープ餃子。おお、大きい。女性の拳骨ぐらいの大きさです。餃子の中身には蟹の身がぎっしり。更に海老と椎茸も入っており触感の違いも。何よりスープが精錬かつ旨味の非常に濃いスープであり、幾らでも飲めます。北京ダックとは違い、ボリュームもありこれで1500円は安い。マストで頼みましょう。

 

f:id:leglutton:20200204130957j:image


海老を餃子の皮で挟んで揚げたもの。さっきから甲殻類ばかりで嬉しい限り。こちらも海老のぷりぷりとした身がみっちり入っており食べ応え抜群。ビールお替りです。

 

f:id:leglutton:20200204131016j:image

割とお腹いっぱいになってきましたが、こちらも追加で頼んだ小籠包。持ち上げただけで破れそうな薄い皮を蓮華の上で箸を入れると溢れ出る旨味の汁。小籠包ってこの食べ方で期待値上がりますよね。
お味は正統的な小籠包であり、普通に美味しかった。鼎泰豊レベルです。

 

f:id:leglutton:20200204131057j:image

椎茸の上に海老のすり身を乗せてむしたもの。またもや海老。海老好きには堪らない構成です。
こちらも椎茸の香りと海老の香りがマッチ。これまでの海老料理と比べると優しい味わいでした。まさに広東料理です。

 

f:id:leglutton:20200204131111j:image


最後はタイ米の五目炒飯。まあこれは普通に美味しい五目炒飯です。パラパラして上品な味付けであり高級店の炒飯という感じ。

 

f:id:leglutton:20200204131123j:image

f:id:leglutton:20200204131127j:image


最後もまっとうな杏仁豆腐と鉄観音の烏龍茶。最後まで抜かり有りません。

 


ずっと気になっていたお店でしたが期待通りの素晴らしいお店でした。正統的な広東料理っぽさがありながらも日本人好みの構成であり、ちゃんとした中華料理を食べてるなあという満足感があります。良い中華料理屋は首をかしげる料理が無く全てが美味しいというまさにお手本の様なお店です。

お会計はビール2杯飲んで一人6000円強とランチにしては結構してしまいましたが、お腹はかなり一杯になりました。一つ一つは小さいように見えますが全て身が詰まっており見た目以上の食べ応えがあります。

北京ダックはコスパ悪いので、それを抜かせば4500円で済むと考えるとコスパも良いと感じます。

プーアル茶は無くなればすぐ注いでもってきてくれるので実質中国茶も飲み放題。地味にこれって嬉しい。ビールを飲んでいたのにお茶もがぶがぶ飲んでしまいました。


美味しかったなあ。次は夜にお邪魔してフルパワーの広東料理を頂いてみたいと思います。
ご馳走様でした。

 

 

茗圃
050-5597-5335
愛知県名古屋市中区栄2-12-22 ウィンコート白川 1F
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23033553/