サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

麺屋 優光-烏丸御池

烏丸御池近くの優しい味わいのラーメンを頂けるこちらに。

 

以前一度伺った事があり、その時は牡蠣、あさり、しじみ出汁の淡竹を頂いたので、今回は真竹を注文。煮卵トッピングにランチメニューの炙りレア焼豚丼セットも頂きます。

 

f:id:leglutton:20200111095413j:image

 

10分程度で着丼。所謂オーソドックスな醤油ラーメンといったビジュアルです。

 

スープは清廉と言った第一印象。アタックが少なく、少し甘味を感じる醤油に鰹の出汁が少し強めか。スッと身体に染みていきそうな優しい味わいです。

 

メンマが特徴的。すぐに解ける様に柔らかく似てあり食感も良い。レアチャーシューは焼豚というよりはローストポークですね。旨味がしっかりと出されておりラーメンのトッピングにしては惜しい程のクオリティ。煮卵も味が染みて半熟でお手本の様な煮卵でした。

 

麺は全粒粉でしょうか。独特のふすまの様な香り。ツルツルですが味があり食べ応えがあります。うーん美味い。

 

f:id:leglutton:20200111095505j:image

 

炙りレア焼豚丼も着丼。こちらにも卵が1つ入ってるんですね。ラーメンのチャーシューとは違いダイス状のチャーシューが炙られておりその香りが白飯を誘います。タレがかけられ過ぎてないのもグッド。ラーメンのチャーシューとは別物の様で飽きる事なく頂くことが出来ました。

 


相変わらずとても美味しい。身体に悪いものが入っていない感じの清廉なラーメンです。味わいは違いますがクリアー感は西麻布の楽観と似ています。要するに私好み。こういうラーメンのスープというよりは1つの汁物料理として完成するほどの出汁の効いた清廉なスープが好きです。

 

f:id:leglutton:20200111095553j:image


連れの淡竹も一口頂きましたが、こちらは貝の旨味が溶け出しこれはこれであり。全く違う味わいながら透き通る様な味わいは一緒です。

 


京都の中でもトップクラスに好きなラーメン屋です。またお邪魔したいと思います。

 

 

 

麺屋 優光
075-256-3434
京都府京都市中京区場之町588
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26029638/