サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

この町愛すの家 もーちゃん-音別

釧路に向けて走っている途中、音別の辺りでセイコーマートに文字通りピットイン。水を買ってさあ走り出そうとするとセイコーマートの隣にアイスクリーム屋を発見。昨日に続いてアイスクリームです


私はコーヒー味のアイスクリームを。300円です。地元のおばちゃんが作ってくれます。

 

f:id:leglutton:20211004185818j:image


店内にイートインスペースはありませんが、外にベンチがあるので。この写真でも分かる通り天気が良くアイスクリーム日和です。


口当たりが滑らか。コーヒーの香りがしますが牛乳の味もしっかりします。コーヒー牛乳より少し牛乳が強い感じ。うん、美味しい。


私の隣にいた小さな男の子がお持ち帰り用らしきアイスを持っていたので、そういうのもあるようです。その子が走って転んでいましたがお土産のアイスは無事そうだったのでそれなりにハードなタイプな様です。転んじゃってすぐ泣かない所が可愛い。

 

 

釧路へ向かう海岸線の道沿いは時たまの民家を除けばほとんど何も無いのですが、そんな所にあるこちらは正にオアシス。セイコーマートで水を買って、こちらでアイスクリームを食べましょう。

 

 

この町愛すの家 もーちゃん
01547-6-3007
北海道釧路市音別町朝日2丁目12
https://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011201/1022751/

朝日堂-豊頃

帯広から釧路へ向かう途中、池田町で朝からステーキでも食べようかと思ったのですが生憎都合が合わず、腹ごなしにこちらへピットイン。ステーキと全然ちゃうやないか。


こちらは生クリームのドーナツが有名らしく、そちらを。またあんぱんも目に入ったのでつい頼んでしまいました。

 

f:id:leglutton:20211004185935j:image


さて生クリーム。生クリームが挟まれたドーナツです。味わいはまんま生クリームを挟んだドーナツ。割と軽く、粉砂糖がむちゃついていて甘いですがクリーム自体はゴテゴテに甘くはありません。

 

f:id:leglutton:20211004190000j:image
f:id:leglutton:20211004190003j:image


あんぱん。これも所謂あんドーナツです。つぶあん好きの私なのでこしあんのこちらには意見差し控え。

 


なんて事の無い至って普通のドーナツでした。ミスドとかと比べると若干軽い食感な気がしますが、味わいとしては同レベル。普通に美味しいドーナツです。


もちろん豊頃町という立地では中々このようなドーナツは食べれないのかも知れませんが、旅行者がわざわざ行くものでも無いかな。どこの街にもある普通のパン屋さんぐらいのテンションで行きましょう。

 

 

朝日堂
015-574-2402
北海道中川郡豊頃町茂岩本町30
https://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011103/1023871/

URATIE-浦幌

浦幌の辺りで昼食をと思いこちらへ。国道沿いの道の駅の隣にあり、めちゃくちゃ大きいのでまず見逃さないでしょう。


店内も広い。田舎の大箱のレストランという感じ。建物は昔の公民館みたいな佇まいなのですが、中は割と綺麗なので改装したのかもしれません。


釧路にはスパカツというご当地グルメがあるそうで、私はナポリタンにトンカツが乗ったナポリタンカツを大盛りでオーダー。1150円です。ご当地グルメに美味いもの無しと言う割には良く食べています。

 

f:id:leglutton:20211005053741j:image


待つ事15分ほどで到着。で、デカい。。写真ではトンカツが小さそうに見えますが違います。ナポリタンがデカいのです。

 

f:id:leglutton:20211005053758j:image


高さもあります。これ何グラムあるんかな。少なくとも有楽町のジャポネで食べた大盛りより遥かに多いのは間違いない。


ナポリタン一口。濃い。味がとにかく濃い。ケチャップをケチらず、というよりもはや何も考えず一本使いましたというぐらい濃い。味はケチャップの味です。

 

f:id:leglutton:20211005053818j:image


トンカツ自体は薄めであり揚げたて。まあ普通のトンカツです。ソースが付いてくるのですが、このナポリタンの味の濃さに加えてソースは危険なのでそのまま食べました。


このボリューム、そして特濃を超える味の濃さにより早々に飽きが来る。卓上にあるタバスコと粉チーズをとにかく振りかけ味変をするのですが、いかんせん半分も無くならないうちに味変に入ってしまったのでまた飽きが。


と言う事で濃すぎてギブアップ。残すのは大変不本意なのですが、喉が渇きすぎて水を飲みまくったのもお腹いっぱいになる要因でした。この手の食事で残すなど渋谷のケニックカレー以来である。そう言えばあそこも死ぬほどしょっぱかった。

 

 

ロードバイクでアホみたいに走って汗だくになってる私ですらその味の濃さに危険を感じるほどの濃さでした。味の濃さ故に飽きが来るのも早く、それでいて膨大な量なので最後は半ば苦行に近い作業と化していました。


この後もしばらく走っていましたが喉の渇きが凄まじく、水がすごい勢いで無くなりました。生憎道東の荒涼とした地平線が続く中でしたので途中セイコーマートが無ければ途中で朽ち果ててたかも知れません。やはりセイコーマートとはコンビニではなくインフラである。


行かれる方は覚悟を持って。食べた後は隣の道の駅でお茶でも飲みましょう。

 

 

URATIE
015-578-9396
北海道十勝郡浦幌町字北町16
https://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011103/1063901/

六花亭 西3条店-帯広

つい1時間前にアイスクリームを食べたばかりなのにこちらへ。言い訳ですが、夕食後のデザート用に買いに来たのです。だって帯広が本店だって言うから。


私は甘いもの好きでアイスも好きですがお菓子も大好きという本当に子供の時から好きなものが変わってない人間ですが、1番好きなお菓子は六花亭のバターサンドを真っ先にあげるほど大好き。今回の北海道の旅も最後新千歳空港でバターサンドを40個購入(全て自分一人で食べる用)しました。病的なぐらい好きなのです。

 

f:id:leglutton:20211004062904j:image
f:id:leglutton:20211004062907j:image


さて、まずはサクサクパイ。3時間以内に食べて下さいとの注意書き。5時間後ぐらいに食べましたがまだまだサクサクでした。カスタードからはバニラビーンズの香りがしっかりして美味しい。

 

f:id:leglutton:20211004063249j:image
f:id:leglutton:20211004063246j:image


こちらの店舗限定のシュークリーム。こちらは所謂普通のシュークリームですが、サクサクパイと違って生クリーム感が強い。好みが分かれる所ですが、私はカスタードクリームの方が好きかな。チョコバナナのシュークリームも食べましたがチョコバナナでした。生地はどちらもサクサクです。

 

 

ちょっとシュークリームは好みと違いましたが、サクサクパイはやっぱり美味しいですね。カスタードクリームの粘度が高くてバニラビーンズの香りがして、しっかり甘いのが良い。


六花亭はド定番ですが、それだけに外せません。バターサンドを買うだけじゃ無くて、店舗でテイクアウトやお茶もどうぞ。

 

 

六花亭 西3条店
0120-12-6666
北海道帯広市西三条南1
https://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/1006512/

あすなろファーミング-十勝清水

私は良く食べ良く飲む事をモットーにしていますが、甘い物も大好き。私の人生でも3本の指に入るほど幸せだったのはアピシウスでデセール全部食べた時(本当に迷惑おかけしました)が入るほど。特にアイスの類は大好きです。


今回北海道に来ましたが、ご存知の通り北海道は酪農天国であり、アイスクリーム天国。9月後半の北海道は既に秋の気配が色濃いのですが、今年は比較的気温が高かったのでまだまだアイスクリームを楽しめました。ほんと天気も良かったし、気温も高いし、私は太陽神なのかも知れません。

 

狩勝峠を登り、汗だくになったので当然にアイスクリームが食べたくなりこちらへ。清水町のちょっとハズレの方にあります。


私は牧場のミルクソフトをオーダー。300円ちょっとです。

 

f:id:leglutton:20211004061335j:image


お店の外には特にベンチ等は無いので立ち食い。


バイアスもあるのかも知れませんが、このソフトクリームは美味しいですねえ。濃厚というよりは少しジェラートっぽく細かい氷の粒の食感があり、牛乳の味をしっかり感じます。舌の上で溶けて行く感じがとても良い。甘さもしっかりです。


割には溶けやすいので早めに食べた方が良いでしょう。この時14時過ぎでしたが、お日様がもはや暑く、速攻で手がベトベトになりました。

 


ソフトクリームってとにかく甘くてバニラの香りさせとけばいいだろというのが多いですが、ここはちゃんと牛乳感があったのが良かった。牛乳って美味しいんだなって今更ながら思いました。


十勝でアイスクリーム。まんま観光客の発想ですが、それも楽しい。帯広市内からは遠いですが近くを通りかかったら行ってみましょう。

 

 

あすなろファーミング
0156-62-2277
北海道上川郡清水町字清水第4線65番地
https://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011102/1022939/

マリヨンヌ-帯広

帯広の夜はこちらに。ミシュランではビブグルマンに選出され、ゴエミヨにも掲載されています。


店内はL字型カウンターにテーブル席が2つほど。オープンキッチンで店員さんは皆若くハキハキと気持ちが良い。期待が高まります。

 

f:id:leglutton:20211003071523j:image

 

まずはビール。美瑛から帯広まで峠を越えてやって来たので美味しい。十勝平野ってほんと広いんだから。

 

f:id:leglutton:20211003071538j:image


トップバッターはコロッケ。2年熟成させたじゃがいもにキノコが入っています。お、うんまい。じゃがいもの味がしっかりして、キノコの香りが良いですね。素敵な滑り出しです。

 

f:id:leglutton:20211003071554j:image
f:id:leglutton:20211003071552j:image


アミューズ。一口サイズが8つも。説明の紙も頂けます。これがビストロ的かと思ったらしっかりしたアミューズでテンションが上がります。割と魚を使ったものがはっきりした魚の香りであり面白い。見た目以上に何を食べてるかよくわかるアミューズで酒が進む。


ドリンクはペアリングみたいなのも出来るそうです。大体全体を通してボトル半分ぐらいのボリュームとの事でしたので、私は普通にそれぞれ一杯分下さいとお願いしました。それを言った時の兄ちゃんの「お、この人飲めるんだな」と心の中で腕まくりしたのが分かりました。頼んだで。

 

f:id:leglutton:20211003071622j:image


で、まずはジュラのスパークリング。味はそこそこですが、香りはシャンパーニュの様な芳醇な香りで美味しい。

 

f:id:leglutton:20211003071639j:image
f:id:leglutton:20211003071644j:image
f:id:leglutton:20211003071642j:image

 

次は左がモッツァレラにほおずきと生ハムやらが入ったもの。右は何かのエスプーマと甲殻類ジュレ。そんなに気を衒ってないのですが、味のバランスが良いですね。塩気の付け方が良く、酸味と甘味のバランスがお見事。

 

f:id:leglutton:20211003071756j:image


松川鰈と野菜達。昨日のアスペルジュの様なプレゼンテーションです。松川鰈の意味はあまり感じませんでしたがやはり野菜が美味しい。北海道の恵みです。

 

f:id:leglutton:20211003071812j:image


こちらはオーストリアのグリュナー。オーソドックスで悪くありません。

 

f:id:leglutton:20211003071826j:image


広尾町のキンキとホッキ貝。ホッキ貝が甘くて香りが良いですねえ。キンキはまあ普通でしょうか。ホッキ貝って美味しいよなあ。

 

f:id:leglutton:20211003071842j:image


こちらには日本のバッカスという品種。ビオビオビンビンで好みが分かれそう。私はそんなに嫌いじゃないです。


入ってから薄々感じてたのですが、ちょっとテンポが悪いかなあ。私が食べるの早いのが元凶なのですが、隣におば様方7人組が居てそこと出すタイミングを同じにしてるのでどうしても待つ時間が多くなってしまいます。しゃあないけどなあ。ちょっとテンポ悪いなあ。

 

f:id:leglutton:20211003071903j:image


気を取り直して。チーズに海苔のリゾットにイクラと雲丹。なんやこれ。ドチャクソ美味いやん。チーズと海苔に、マディラで漬けたイクラが秀逸。雲丹のミルキーさのバランスも良い。むちゃくちゃ美味しいぞこれ。

 

f:id:leglutton:20211003071918j:image


これにはマディラ。そらあうわな。

 

f:id:leglutton:20211003071930j:image


パン。とうもろこしのソースにつけて。パン自体はイマイチかな。

 

f:id:leglutton:20211003071942j:image


鰤です。ちょっと火を通し過ぎでボソボソっとしています。折角の鰤なのでもっと生でも良いと思います。てかもう鰤出るんだ。早いなあ。

 

f:id:leglutton:20211003072002j:image


ガメイ。まさにガメイという味わい。それだけにもっと鰤の血感が欲しかった。

 

f:id:leglutton:20211003072015j:image


十勝と言えば豚肉。美味しいのですが見た目通り薄い肉が一枚だけで少な過ぎてストレスが溜まります。もったいない。

 

f:id:leglutton:20211003072027j:image


これには帯広のワイン。ちょっとこれは地元推し過ぎて内容が付いてきてないですね。単純にワイン自体が微妙でした。

 

f:id:leglutton:20211003072041j:image


もう一つのお肉は鹿とフォアグラ。鹿肉の独特の香りが好き。あっさりでフォアグラと合わせる直球さも良い。

 

f:id:leglutton:20211003072054j:image


こちらにはジンファンデル。このジンファンデル美味しいなあ。

 

f:id:leglutton:20211003072105j:image


もういっちょ。牛肉のロースト。良いけどちょっと鹿肉と方向が被りすぎ感。これならどっちかをもっとボリュームあったほうが良い気がする。

 

f:id:leglutton:20211003072118j:image


モンテプルチアーノ。そうだよなあ、ワインもちょっと似ちゃっうよなあ。料理が似てるからしぁないけど。

 

f:id:leglutton:20211003072131j:image

f:id:leglutton:20211003072144j:image


デザートはあっさり。もっとガツンとでも良いんだけど。コーヒーは美味しかった。


という事でお会計は16000円。私が結構威勢よく飲んだのでこれぐらいしましたが、普通の方はもうちょっと安く済みそうです。

 


見事なまでの少量多皿で、そのどれもが地元の食材を使ったものであり、これ考えて作るの大変だろうなと思っていました。しかし全体的にちゃんと美味しいのが良かった。特にリゾットは絶品でした。


一方で少量多皿の割に変化に乏しく、テンポも悪いのが気になりました。少量多皿に囚われてしまってるんじゃないかな。味付け的には割としっかりしてるので、ここまで皿数を多くしないで一品一品をしっかり食べさせた方が満足度は高いのかなと。あとテンポがちょっと悪いので、すぐ食べ切ってしまって手持ち無沙汰な時間が長いのも皿数を絞った方が良いと思う理由です。


ここのシェフは素材コンシャスな様でソースが美味しいんですよね。味の付け方がフレンチで、その点私の好みと合いました。これだけの少量多皿も珍しいし、テンポが悪いのも女子にはそこまで気にならないかも知れないので、都会でやったらすごくウケそうなんだけどな。逆に言うとあまり素材に拘る意味も感じなかったりというか。


多分こうして述べた事はシェフのやりたい事や目指したい事と違うんでしょう。これこそ好みの問題かも知れません。味はとても好きなんだけど。

 

いずれにしても帯広でこれだけのちゃんとした料理が食べれるのは見事。帯広に行く際は選択肢の一つとして検討すべきお店です。御馳走様でした。

 

 

マリヨンヌ
0155-29-2838
北海道帯広市西一条南10-2-1
https://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/1064481/

Atelier Cafe Restaurant 人来瑠-南富良野

美瑛、富良野方面から帯広に向けて走っていて、途中でランチでもとこちらにお邪魔しました。街に入る少し手前であり、富良野方面から来ている人には分かりづらいかも知れません。


国道沿いに駐車場があるのですが、店は森の中です。木が鬱蒼と茂る中。虫とかすごそう。


11時開店との事で5分前に着き待っていたのですが11時を過ぎても一向に開く気配が無い。駐車場からお店まで少し距離があり見ていたのですが、人は中にいます。11:10になっても開かなかったのでもうええわと帰りかけると空きました。あんまりぴったりに行かない方が良いでしょう。


私はカレーランチをオーダー。そこにデザートを290円プラスしてお願いしました。

 

f:id:leglutton:20211002071050j:image


まずはサラダとドリンク。サラダは一口サイズというかガチの一口です。

 

f:id:leglutton:20211002071103j:image


カレー到着。カレーはサラサラ系ですが、見た目以上にスパイスが効いていて後からじわりと汗が出てきます。一方オムレツは甘目で少し甘すぎかな。何より量がむちゃくちゃ少ない。小食の女性がちょうど良いぐらいの量しかありません。まだ5杯ぐらい食べれそう。

 

f:id:leglutton:20211002071118j:image


デザートはガトーショコラをチョイス。チョコレートの香りは弱く、砂糖の甘さが強い。


以上で1450円とそれなりのお値段です。うーん、割高。

 

 

ちょっと謎なお店です。店内は森の中のカフェというかショップというか色んなグッズが売っており、飲食店という感じではありません。料理はついでなのかなあ。その割には高い。食事に来る人が多い場所でも無いだろうし、どうやって生計を立てているのか不思議になりました。


富良野自体が飲食店が少なく、他に選択肢も無いのですが、ちょっとコスパが悪すぎですね。あまりに物足りなかったので、この後セイコーマートでカツ丼食べました。


森の中のカフェで森の中のカフェ感を感じたい人には良いでしょう。そうで無い方は富良野か帯広で食事を済ませましょう。

 

 

Atelier Cafe Restaurant 人来瑠
0167-52-3108
北海道空知郡南富良野町幾寅155
https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010403/1007700/