サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

蕎麦倶楽部 佐々木-松本

天気が怪しかったので急遽朝一で茅野から松本へ。松本でのランチは蕎麦にしようと検索して引っかかったこちらへ。


口コミで朝から店舗で受付をしてるとの事で、9:30頃に伺って11:30に予約をしました。どれぐらいの方がその時点で予約していたかは分かりませんが、入店時は既に満席でしたので早いに越した事はなさそうです。

 

f:id:leglutton:20220630082109j:image


現在は2500円のセットのみ。セットの内容はこんな感じです。ここからプラス400円で飲み物を生ビールに、更にプラス350円でもりそばを大盛りにしました。

 

f:id:leglutton:20220630082143j:image
f:id:leglutton:20220630082147j:image


ビール。地元のクラフトビールでした。ちなみにアルコールを頼むと蕎麦を揚げたものがつまみとしてつきます。

 

f:id:leglutton:20220630082209j:image


前菜。気の利いた居酒屋の様な味わいで単純に美味しい。

 

f:id:leglutton:20220630082228j:image


豚肉の煮物も美味しい居酒屋的な料理です。何でセットなんかな。まあ良いけど。

 

f:id:leglutton:20220630082248j:image
f:id:leglutton:20220630082253j:image


さて蕎麦の到着です。蕎麦つゆ以外に塩も出されます。店主らしきおじさんがまずは塩だけ少し振って食べて下さいとの事。

 

f:id:leglutton:20220630082310j:image


蕎麦を一口。うわ、これ美味しい。まずは蕎麦の香りが、そこから咀嚼の度に甘みが染み出してきます。香りと甘味がこれまでの蕎麦より格段に強い。要はめちゃんこ美味しい。


蕎麦つゆを付けて頂きましたが、香りと甘みをよりダイレクトに感じれる分塩の方が私は好き。塩が無くなったので追加を佐々木さん(多分そう)に頼むと、塩の方が美味しいでしょ?と嬉しそうに出してくれました。

 

 

大満足でした。蕎麦に詳しい訳では無いですが、ここの蕎麦は美味しい。食感、香り、甘味が素晴らしい。セットで2500円とそれなりにしますがこれだけ美味しいなら全然アリ。ああ、思い出すとまた食べたくなってきた。


佐々木さん(多分そう)の自分の打った蕎麦への愛情も良いですね。美味しく食べて欲しいと思いながら作ってるんだろうなあ。そういう人の作る料理は間違いなく美味しい。お会計の時、心の底から美味しかったですという言葉が出てきました。


貴方が蕎麦の達人であってもなくても一度食べてみても良いかも知れません。私もまた松本に行く機会があれば頂きたいと思います。御馳走様でした。

 

 

蕎麦倶楽部 佐々木
0263-50-4387
長野県松本市大手4丁目8-3
https://tabelog.com/nagano/A2002/A200201/20002376/

八ヶ岳Sereno-茅野市

八ヶ岳周辺を走っている途中、ジェラートの看板を発見しついピットイン。やっぱりあったかくなってくると食べたくなってくるよね。


私は苺と牛乳のジェラートをチョイス。店外にベンチがあるのでそこで頂きます。

 

f:id:leglutton:20220629070335j:image


苺は苺感は強くありませんが安定の美味しさ。一方牛乳は美味しいですねえ。甘さはしっかりとあり、それでいてミルク感が強い。ジェラートにしてはかなりミルク感が強めです。隣の家族連れのお父さんも美味しい美味しいと連呼しながら食べていました。


ジェラート屋としては一般的な味わいですが、飛び抜けて美味しいジェラートがそもそも殆どないので合格点でしょう。何より高原でジェラートを食べるというシチュエーションが良い。これから夏はちょっと暑すぎるかも知れませんが春から初夏、晩夏ぐらいは気持ち良さそうです。


八ヶ岳周辺でドライブしてる人には最適。近くに寄ったら是非どうぞ。

 

 

八ヶ岳Sereno
0266-75-1013
長野県茅野市玉川11398-291 若葉台団地上エコーライン沿い
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200403/20018158/

カエンネ-茅野市

河口湖から峠を越え山を登って蓼科まで。このお店に伺う為に遥々やって来ました。2022年版ゴエミヨでは3トックに選ばれています。


三井の森というゴルフリゾートの一角にあります。外観はリゾート地にある様な別荘の様な外観。中に入るとカウンター越しに大きな薪台、右手には薪ストーブがあり、非常にゆとりのある空間。パチパチと薪の爆ぜる音が心地良い。開放的でシックで、もしかしたらこれまでで1番好きな内装かも知れません。

 

f:id:leglutton:20220626082348j:image


本日のコース。地元の食材がずらーっと並びます。


ドリンクはワインのペアリングを。7種で6800円ですが一杯60mlとの事でしたので、追加料金で多めにしてもらいました。この辺りは融通が多少効く様です。

 

f:id:leglutton:20220626082404j:image


まずはシャンパーニュピノノワールシャルドネ。見ての通りたっぷり入れて頂きました。

 

f:id:leglutton:20220626082423j:image


生ハム。下にはパスタをあげたものが潜んでいます。この生ハムは美味しいですねえ。塩気が控えめでじわーっと旨味が広がります。私はあまり生ハムを好んで食べないのですが、これは相当に美味しい。

 

f:id:leglutton:20220626082437j:image


左はイワナの塩漬けに発酵トマトの寒天。右はたらの芽とコシアブラを卵で焼いてパルメザンチーズをかけたもの。左は酸味が良いですね。味わいとしては和食的。右は山菜の苦味とチーズの香りが良く合います。どちらもシャンパーニュにぴったんこ。

 

f:id:leglutton:20220626082455j:image


どどん。アスパラガス一本丸ごとです。もはやジューシーというより液体を包んだだけと言うぐらい水分の多いアスパラガス。素材そのものですが圧倒的な説得力があります。自家製のマヨネーズも良い感じ。

 

f:id:leglutton:20220626082513j:image


オーストリアリースリング。ビオです。アスパラにはリースリングが良く合う。

 

f:id:leglutton:20220626082536j:image


パンも自家製。ぼそっとしていますがソースには合います。なおお代わりももらえます。

 

f:id:leglutton:20220626082552j:image


蕎麦に豆腐のソース、上にはキャビア。これが本当に字面通りなんですが、美味しいんですよね。蕎麦の香り、豆腐の暖かくミルキーさ、そこにキャビアが少しアクセント。面白い。

 

f:id:leglutton:20220626082610j:image


フリウリの土着とシャルドネのオレンジワイン。シェリーみたいな香りがします。結構もったりで豆腐と良く合う。豆腐とオレンジワインが合うと言う新たな発見がありました。

 

f:id:leglutton:20220626082628j:image


飯田のホワイトアスパラガスとスズキ。これは蕗の薹のソースが秀逸。スズキの淡白さを上手く苦味で補完。ホワイトアスパラガスとのバランスも良い。計算しつくされた組み合わせです。

 

f:id:leglutton:20220626082645j:image


またしてもオレンジワイン。今度は蕗の薹の苦味とオレンジワインの癖が合う。

 

f:id:leglutton:20220626082701j:image


シルクうなぎにチーズのソース。何か分かりませんが煮詰めたソースが甘く、濃厚なチーズと相まってさっぱりとした鰻がさながら蒲焼きの様な味わいに。なんかさっきからすごい組み合わせだけどちゃんと美味しい。

 

f:id:leglutton:20220626082720j:image


オレンジ三連投。それなりに色々なお店でワインのペアリングを頼んできましたが、オレンジワイン三連投は初めてかも知れません。しかし鰻にオレンジワインが良く合う。オレンジワインと言ってもそれぞれ癖が違うので非常に楽しめました。

 

f:id:leglutton:20220626082737j:image


稚鮎と山うどのショートパスタ。稚鮎の苦味が鮮烈。割にボリュームもあります。美味しいなあ。春だなあ。

 

f:id:leglutton:20220626082759j:image


まさかのオレンジワイン四連投。こんなの見たこと無い。しかし苦味が多いので合うんですよね。意欲的なだけでなくちゃんと考えられています。

 

f:id:leglutton:20220626082824j:image
f:id:leglutton:20220626082821j:image


メインは薪で焼いたラム。これぞシンプルイズベスト。牛や豚と違うので柔らかさはそれほどありませんが、臭みはなくジューシー。ここまでジューシーなラムも中々無いですが、これが薪焼きの真骨頂なのでしょう。付け合わせの筍もシンプルながら美味しい。

 

f:id:leglutton:20220626082843j:image


日本のピノ。蓼科の森を思わせるようなキノコの香り。

 

f:id:leglutton:20220626082901j:image


最後はリゾット。地元のお米と地元で採れたモリーユ茸です。モリーユ茸って美味しいなあ。結構お腹いっぱいでしたがペロリといけてしまいました。

 

f:id:leglutton:20220626082917j:image


デザートは牛乳とカカオのプリン。割としっかりカカオ感。この後お茶菓子とエスプレッソがあったけどシェフと話してて写真撮るのを失念してしまいました。


以上コース14300円にペアリング8800円で23100円でした。

 

 

非常に印象的なお店でした。シンプルなのですが食材の組み合わせに意外性があって、割としっかりボリュームはありますが全く食べ疲れがしませんでした。イタリアンがベースにはありますがどこか和食的だったり、でも創作感はそれ程無くあくまで素材を大切にしてるんだというのが良くわかる料理でした。


シェフと最後話す時間があったのですが、この辺で取れる高原野菜は繊細だから塩をなるべく使わないと。オリーブオイルも使わないし、ニンニクを一切使ってない。お店をやり始めた当初より塩の量は半分以下になったそうです。それでも全体を通して輪郭がボヤける様な事はなく、むしろ印象的な料理の数々でかなり時間が経った今でも写真を見て味を思い返す事が出来ます。


そんな食材に寄り添っていった結果が、あの意欲的とも言えるペアリングになったのでしょう。塩や調味料をなるべく使わないのも、オレンジワインが続くのも、あるべき姿に向かっていったら自然とそうなっただけ。これがテロワールという必然なのかも知れません。


地方のイタリアンの理想型。素材だけでなく、空間作りも含めて、都会のレストランでは出来ないものがあります。ここでしか食べれないもの、ここでしか感じられないもの。それを求めて旅をする私にとって理想のレストラン。御馳走様でした。また必ず伺います。

 

 

カエンネ
0266-75-1129
長野県茅野市豊平字東嶽10222-25
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200403/20023769/

アルプス食堂-韮崎

河口湖から峠を越えて北上。韮崎市の辺りで昼食をと思いこちらにお邪魔しました。


GW中の開店15分前に到着で先客2組。その後11時ちょっと前に開店。開店直後に満席にはなりませんでしたのでそこまで慌てて行かなくても良いかもしれません。


私はチャーシューメン950円と炒飯650円をオーダー。腹が減っては戦はできぬ。


店内は典型的な田舎の食堂という雰囲気。カウンターにテーブル席に小上がりもあります。キャパがありそうで無いというか、無さそうであるというか微妙な所です。私も何言ってるか自分で分かりません。

 

f:id:leglutton:20220625062410j:image


さて、待つこと15分ほどで着丼。サービスエリアのラーメンセットの様な見た目です。

 

f:id:leglutton:20220625062429j:image


が、このラーメンは美味しいですねえ。鶏ガラの醤油ラーメンであり、懐かしい味わい。極細に近い縮れ麺も良く、チャーシューもトロトロ。所謂ラーメンの原型の様な味わいなのが却って新鮮に感じました。

 

f:id:leglutton:20220625062450j:image


炒飯が美味しい。チャーシューの切れ端がゴロゴロ入っていて見た目以上に食べ応えがあります。まともな中華の炒飯というよりはラーメン屋の炒飯ですが、意外とここまで美味しい炒飯は無い。650円という値段は相応しく感じました。

 


極めてオーソドックスながら意外と言うと失礼ですがきっちり美味しいラーメンと炒飯でした。この手の田舎の食堂って良くも悪くも雑な感じがある所が多いのですが、こちらは料理に限れば丁寧でちゃんと美味しい。基礎点の高さを感じました。


この辺りは国道20号沿いもそこまで飲食店が無いのでそういう意味でもこちらは良いのかも。私もまた近くに寄ったら行ってみたいと思います。御馳走様でした。

 

 

アルプス食堂
0551-25-5955
山梨県韮崎市中田町中條1027-1
https://tabelog.com/yamanashi/A1902/A190202/19000100/

トヨシマ-河口湖

河口湖と言えば一昔前の避暑地やキャンプ地で有名ですが、謂わばちょっとしたリゾート地にあるこちらにお邪魔しました。ゴエミヨにも2021,2022と2年連続で選ばれています。


レストランは街の中心地からはちょっと離れているでしょうか。内装はカウンターとテーブル席が3-4つほど。木が多く温かみのある雰囲気です。

 

f:id:leglutton:20220624095221j:image


まずはハートランド。650円とゴエミヨに載る様な店にしては安い。泡がかなり残念な感じですが、量はたっぷりなのでギリ許せます。

 

f:id:leglutton:20220624095241j:image


アミューズから。自家栽培の新玉ねぎのスープです。まじで何も入れてないの?ってぐらい甘い。玉ねぎの嫌な香りも無く美味しい。素敵な滑り出しです。

 

f:id:leglutton:20220624095304j:image


ムツのフリットに南部茶の葉とかさつまいもとか。シンプルに揚げただけですが、アミューズとしてはアリ。

 

f:id:leglutton:20220624095321j:image


グラスワインはおまかせで。ルミエールのオレンジワインの泡。ワインはグラスは数種類、日本ワインのみで地元のものだけと言った感じ。地元とは言え流石にポーペイサージュやドメーヌミエイケノは出ませんでした。欲しがり過ぎか。

 

f:id:leglutton:20220624095337j:image


ムツを焼いたものをアサリや太刀魚で出した出汁に。これは完全に和食ですね。単純に出汁が美味しい。

 

f:id:leglutton:20220624095353j:image


共栄堂の甲州とマスカットのブレンド。ここのワインってビオビオしてて好みが分かれます。私はどっちかというとそんなに好きじゃないかも。

 

f:id:leglutton:20220624095410j:image


山菜2種に猪のラルド。山菜にじゃがいものソースやラルドでコッテリ感を出していてバランスの良い一皿。山菜嬉しいな。

 

f:id:leglutton:20220624095429j:image


自家製のパン。油脂を使ってないらしく軽やかです。

 

f:id:leglutton:20220624095445j:image


カベルネ。若くて酸が主体的だけど悪くはありません。

 

f:id:leglutton:20220624095523j:image

 

パテドアンクルート。鹿やら猪やらに鹿のサラミも。美味しい、だけに量が欲しいところ。右下のカシスのソースが秀逸ですね。酸味とほのかな甘味がいい。

 

f:id:leglutton:20220624095507j:image


メルロー。色合いの通り今ひとつと言った所。日本ワイン縛りは中々難しい。

 

f:id:leglutton:20220624095614j:image


オニオングラタンスープ。素直に美味しい。だけにこれも量が欲しい。

 

f:id:leglutton:20220624095641j:image


鹿肉のソーセージ。大根は白樺の樹液で似たそうです。これはソーセージが滅法美味しいですね。ジビエらしさと塩加減、スパイスの感じがとても良い。

 

f:id:leglutton:20220624095700j:image


口直し。ビールと小量のバターをシャーベット状にしたもの。その通り甘くて苦くて、さっぱりだけどもったり。これ面白い。

 

f:id:leglutton:20220624095720j:image


メインは鹿肉のパイ包み。真っ当なジビエ料理であり少し筋っぽいけど、味わいはクリアー。蕗味噌を忍ばせてあって味わいにアクセントがあります。先程のソーセージもそうですがここのシェフはジビエの扱いが上手いですね。

 

f:id:leglutton:20220624095740j:image


締めのご飯は筍と猪。美味しい。筍と猪って合いますね。だけに量が欲しいんだよなあ。

 

f:id:leglutton:20220624095803j:image


最後は蕗の薹のアイスクリームに味噌のチップス。へー蕗味噌を表現してるんだ。甘酒の米も下にあり、面白い。こういうの好きです。

 

f:id:leglutton:20220624095821j:image
f:id:leglutton:20220624095825j:image


お茶菓子。ハチミツ、白樺の樹液を煮詰めたもの、チョコレートムース、カヌレ。お茶は野草で御馳走様でした。


以上で17000円弱。なるほどこれなら悪くない。

 

 

ジビエを中心に地元の食材を上手く組み合わせてるなあという印象でした。極力油分を使わないとシェフが仰っていましたが、その分物足りなくなりそうな所を食材でバランスを取っており面白い試みでした。


少量多皿な所は良いのですが折角美味しいのに一皿が少ないと思ってしまった所が玉に瑕。しかしこれは個人の好みの問題であり、私みたいに馬鹿の大食いでなければ間違いなく満足するでしょう。

 

コンセプチュアルでありながら、味が置いてけぼりになってないのは好感が持てます。それに値段も安い。コースにビール一杯とワインをグラスで5杯でこの値段ですからね。コンセプチュアルと言えばレヴォを思い出しますが、レヴォに一回行くよりここに3回行った方が良い。東京からも電車バス、高速でも近いですし。


この手のレストランは私の好みではないのですが、それでも満足出来たという事は他の人ならもっと満足出来るはず。シャルキュリトリーが美味しかったので次はジビエ全盛期に伺いたいと思います。ご馳走様でした。

 

 

トヨシマ
0555-75-0850
山梨県南都留郡富士河口湖町船津3681-2
https://tabelog.com/yamanashi/A1903/A190303/19010148/

ロイヤルホスト 静岡インター店-静岡市

浜松から静岡までノンストップで走り続けお腹はぺこぺこ。元々静岡駅近辺のラーメン屋にでも行こうかと思っていたのですが、ちょうどお昼のピークタイムに。ノンストップで来たのでお腹が減り過ぎており行列には耐え切れないと判断し、手っ取り早いこちらに行く事に。安定のファミレスチェーンです。

 

f:id:leglutton:20220622062433j:image


まずはセットのサラダ。ファミレスのセットのサラダという味がしました。ドレッシングが美味しい。


こちらのロイヤルホスト、隣がさわやかだからか微妙に空いていて、かつ客層が穏やか。何故かおじさんおばさんの一人客が多かった。

 

f:id:leglutton:20220622062515j:image


ハンバーグ。このハンバーグは美味しいですねえ。肉汁が溢れ出します。ファミレスだなんだと言いますが、まともな洋食店のハンバーグと遜色ありません。ぶっちゃけさわやかで30分も並ぶならロイホで全然良い。

 

f:id:leglutton:20220622062537j:image
f:id:leglutton:20220622062540j:image


私のランチはこれで終わりません。ハンバーグのライス代わりにジャワカレー。相変わらずハンバーグにカレーの組み合わせ前日夜に大層な天ぷらを食べていますが、結局私の好きなものは小学生の時から変わっていません。


ロイホのジャワカレーは本当に美味しい。野菜が煮込まれ甘みがあり、そこにスパイスが重なります。地味にライスに添えられたチャツネが優秀。あまり他に無い類のカレーですが、本当に美味しい。私の中で1000円代で食べれるカレーは東洋軒のカレーが1番だと思っていますが、2番手はこのロイホのカレーです。好みの問題はありますが大阪のスパイス系カレーより好き。

 


美味しかった。実は金谷峠を登っている時からずっとロイホのハンバーグとカレーを食べるぞと決めて走っていましたが、そんな期待感をきっちり満たしてくれました。


どこで食べても美味しいというのは本当に素晴らしい。外食産業の企業努力には頭が下がります。私は今回の旅の様に、その土地、その季節でしか味わえないものを求めて毎度毎度旅をしていますが、真逆の立ち位置であるファミレスはそれはそれでとても素晴らしいと思っています。


何ヶ月も前から予約しないと食べれなくて、そんな予約困難性が持て囃される昨今ですが、思い立って店に行けばすぐに美味しいものが食べれるという事が如何に素晴らしい事か、却ってその有難味を感じる様になりました。


ちなみに名古屋にはロイヤルホストが何故か全然ありません。私がこんなにロイヤルホストのハンバーグとカレーを愛しているのに。頼むから中区のどこかに店作って欲しい。誰かロイヤルホストの偉い人に伝えて下さい。

 

 

ロイヤルホスト 静岡インター店
054-284-4343
静岡県静岡市駿河区中野新田371
https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22018310/

勢麟-浜松

昨年は九州を巡ったGWの旅ですが、今年は浜松から。浜松からスタートとしたのはこのお店の為。大好きな勢麟の天ぷらの季節です。

 

f:id:leglutton:20220619082429j:image


まずはビール。大将が私の顔を見るなり、「慌てて天ぷら一品増やしておきました」とのひと言。本当かどうかよりこう言う気遣いが嬉しい。望むところと気合いを入れます。

 

f:id:leglutton:20220619082450j:image


わさび菜と赤貝を和えたもの。赤貝が甘いですねえ。そこにわさび菜のフレッシュな香りが重なります。春は貝。

 

f:id:leglutton:20220619082509j:image


今朝取れたばかりの藤枝の椎茸。染み出した出汁に椎茸の香りの強いこと。椎茸好きの私も満足。

 

f:id:leglutton:20220619082525j:image


サザエ。ただ焼いただけだそうですが、信じられない程濃い。どうしてここの素材はどこよりも素材の味が濃いのだろう。やっぱり春は貝。

 

f:id:leglutton:20220619082542j:image


慌てて日本酒をオーダー。サザエの海の香りに米の香り。ああ幸せ。

 

f:id:leglutton:20220619082602j:image


お刺身はマコガレイ。今朝取れたばかりだそうですが信じ難いほどの旨味。平目や鰈は寝かせて旨味を出す芸風が多いですが、寝かせなくてもこれほど旨味が強いのかと驚きがありました。

 

f:id:leglutton:20220619082618j:image


すぐ日本酒が無くなってしまったので。このお店で磯自慢を飲むのは初めてですが、大好きなお酒です。

 

f:id:leglutton:20220619082640j:image


さて、天ぷらの準備。この瞬間がワクワクする。だから天ぷらって好き。

 

f:id:leglutton:20220619082655j:image


トップバッターは天然の車海老。甘い香りに衣の軽さよ。

 

f:id:leglutton:20220619082710j:image


2本目。こんなのあと10本でも20本でも食べれる。

 

f:id:leglutton:20220619082726j:image


アスパラガスの芯。極太の身から溢れるジュース。アスパラガスを最初に天ぷらで揚げた人は天才だと思う。

 

f:id:leglutton:20220619082743j:image
f:id:leglutton:20220619082746j:image


十四代の龍の落とし子。綺麗で旨味が強い。正に十四代らしいお酒。

 

f:id:leglutton:20220619082802j:image


アスパラの先っちょ。さっきよりアスパラっぽい苦味が感じられます。久々ににい留行きたい。東京行っちゃう前に。

 

f:id:leglutton:20220619082908j:image


4番ファースト、キス。天汁にダイブさせた時のジュワッと言う音だけで幸せが約束されています。そして歯を入れた瞬間に広がるキスの香り。やっぱり天ぷらとは海老ではなくキスなんだと確信しました。

 

f:id:leglutton:20220619082930j:image


お口直しにトマト。うわ、これすんごい美味しい。甘味と酸味のバランスが見事。私は居酒屋で冷やしトマトを必ず頼むぐらいトマトが好きなのですが、控えめに言って今まででNo. 1のトマトです。10個は食べれる。

 

f:id:leglutton:20220619082946j:image


アカイカ。特大のイカを口いっぱい頬張る幸せ。こうやって大きく口を開けて食べさせるのが良い。

 

f:id:leglutton:20220619083003j:image


新玉ねぎ。甘いよお。もっと食べたいよお。成生とはまた違った芸風です。

 

f:id:leglutton:20220619083103j:image


メヒカリ。なるほどメゴチの代わりにメヒカリなんですね。メヒカリらしく脂が溢れてきます。この脂に溺れても良い。

 

f:id:leglutton:20220619083117j:image


この日は天ぷらという事でシャンパーニュと白ワインのグラスの用意が。折角なので白ワインのグラスを。ルフレーヴのプュイイフュッセ。プュイイフュッセとは言えルフレーヴがグラスで飲めるのは嬉しい。

 

f:id:leglutton:20220619083132j:image


うど。生姜の様な爽やかな香り。我ながらこのタイミングで白ワインを頼んだ自分を褒めたくなりました。

 

f:id:leglutton:20220619083211j:image


タラの芽。なにこれもう木かよ。特大サイズです。大将が密かに私に1番大きいやつを出してくれたのを見逃しませんでした。タラの芽ってほんと美味しいよなあ。それがこんなにいっぱい食べれるなんて幸せ。

 

f:id:leglutton:20220619083236j:image


穴子。もう終わっちゃうのか寂しい。と言いつつこれも食べ応え抜群。

 

f:id:leglutton:20220619083250j:image


最後だからもう一回日本酒に戻ります。抑えのエース而今。今年のヤクルトスワローズのリリーフ陣の様な安心感。ヤクルトが今年は強くて私はとても毎日平穏無事な生活を送っています。

 

f:id:leglutton:20220619083307j:image


海老と黄身のかき揚げ。海老の甘さにトロッとした黄身。あと5杯ぐらい食べれる。

 

f:id:leglutton:20220619083323j:image


本当の締めはこちら。あさりと生海苔の雑炊です。笑っちゃうぐらいのあさりと生海苔の量。そして丼いっぱいの量。幸せの溜息が止まらない。

 

f:id:leglutton:20220619083337j:image


お代わりも。あさりの出汁に生海苔の香りで美味しくない訳がない。お腹いっぱい。

 

f:id:leglutton:20220619083353j:image


デザートは自家製のアイスに10ヶ月熟成させたメロンを。メロンの香りが良くて上品な甘さ。去年のあのメロンだろうなあ。引くほど美味しい。

 

f:id:leglutton:20220619083408j:image
f:id:leglutton:20220619083411j:image


アイスも2回お代わり。なんぼほど食うとんねん。

 

f:id:leglutton:20220619083433j:image
f:id:leglutton:20220619083430j:image


まだ余ってるというので最後のお代わり。そこに瞬の大将からもらったというエキストラバージンをかけてくれました。このオリーブオイルが少し辛くてそれがバニラとベストマッチ。最後まですげえなあ。


以上、31000円。今日も良く飲み良く食べました。余は満足じゃ。

 

 

今回も変わらず素材の良さと食べさせ方の上手さが光りました。余計な手を加えず素材の味を引き出す事に全精力を注ぎ、その素材を最も味わえる大きさで提供してくれる。正に美味いもの屋の理想型です。


昨年に比べ山菜が少し少なかったのはタイミングもあるのかな。そこだけが若干残念でしたが、自然のものとはそう言うもの。代わりにキスやメヒカリが食べれましたし、こう言うのもその時々のタイミング。


毎回来る度に思うけど本当に私の好みにバッチリなんですよね。運命的なものすら感じます。こう言うスタイル自体は割と極端だと思うので好みが分かれそうなのですが、私は他の店に行けば行くほどこのお店が自分に合っていると感じます。そう言うお店が見つけられたという事は本当に幸せなんだろうな。


次は鰻の時期に。今から心待ちに。ご馳走様でした。

 

 

勢麟
静岡県浜松市中区元城町222-25 アルスビル 1F
https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22034729/